一般事務と医療事務の違いって?

一般事務と医療事務って何が違う?

一般事務と医療事務の仕事内容

特に女性の希望する職業の上位に来るのが一般事務です。一方医療事務は、年齢を重ねても出産子育てなどでブランクがあっても、再就職しやすいと人気があります。

 

一般事務と医療事務、それぞれの違いを知るためにまずは仕事の内容について見ていきましょう。

 

一般事務の仕事内容とは?

一般事務は、一般企業においてPCや電卓での伝票処理、書類作成、電話応対、来客接遇ほか雑用も含む業務です。

 

詳しい仕事内容については事務職で求められる人材の資質とは?必要な事務経験とは?の特集記事でご覧いただけます。

 

 

医療事務の仕事内容とは?

医療事務は医院や病院、調剤薬局などで事務、会計を行うスタッフを指します。主な仕事は、受付、カルテの管理、(保険)点数計算、入力、会計です。

 

また毎月一度、各保険の組合(団体)へ提出する診療費の請求書、診療報酬請求業務(レセプト業務)が必要となります。

 

 

医療事務と一般事務の違いとは?

一般事務に必須の資格はありませんが、各種スキルが求められます。主なものは、PCスキル、簿記などの会計スキル、正確な事務処理、正しい日本語(敬語)などが求められます。

 

それに対して医療事務は一般事務のスキルにプラスして、PC上で行う保険点数計算や、レセプト業務を行うための専門知識が必要です。

 

 

一般事務や医療事務になるには?

一般事務スタッフになるには?

一般事務といっても雇用の方法は様々です。正社員として入社する、各種派遣社員として入社する、アルバイト/パートとして入社する方法があります。

 

一般事務としての求人数は少なく、狭き門です。就職するため様々な資格をとったり、インターンとして業務に触れたりといった取り組みが必要となります。

 

一般事務の就職に関する詳しい情報は、事務職で求められる人材の資質とは?必要な事務経験とは?の特集記事でもご覧いただけます。

 

 

医療事務スタッフになるには?

医療事務スタッフになるためには資格の習得が必要です。その為に必要な資格は通信講座や専門スクールなどで取得が可能で、資格を持っていると何かの都合で一時休業したとしても復帰がしやすいこともあり、女性には特におススメできる仕事となっています。

 

医療事務の資格は国家資格ではなく民間の資格ですが、その中には非常に多くの種類があって、全部となるとおよそ50種類もになります。

 

一番難易度の高い資格は「診療報酬請求事務能力認定試験」です。メディカルクラーク検定とも呼ばれています。但し、こちらは大変難しいので、まずは他の資格を習得してから目指すのが一般的と思われます。

 

初めて医療事務の資格に挑戦する一般的な試験としては次のような物があり、それぞれに講座を開いている所が異なります。

 

下記の2つは医療機関からの評価もそれなりに高いので、得価値があると見られています。どちらかの資格にまず合格を目指すのが医療事務スタッフへの近道と言えるのではないでしょうか。

 

  • 『医療事務技能(メディカルクラークR)診査試験』
     …ニチイ
  • 『医療事務管理士(R)技能認定試験』
     …ニック、キャリアカレッジ、がくぶん、ユーキャン、アテナ

 

一方で、もっと容易に取得できる資格としては、医療保険請求事務者や、医療保険士医療事務士(R)資格認定試験医事管理士資格認定試験、医療事務(医科)能力検定試験などがありますが、これらの5資格は難易度が低いので、医療機関からの評価もどちらかと云えば低めになる事は否めないかと思います。

 

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト