女性の再就職に求められるスキルとは?

最近、転職市場では有効求人倍率が回復していると言われています。これは景気の回復に明るい見通しが立った事で企業の採用意欲が高まっている事と、労働力不足への懸念が理由だと考えられているようです。特に後者については、少子化による若年層の労働人口の減少もあり、専業主婦をターゲットにして労働力確保を目指す企業が増加傾向にあるようです。

 

実際に、30代〜40代の主婦層に対する求人は増えていると言いますから、働きに出て稼ぎたいという主婦の人にとっては求人が増えている今がチャンスだと言えるでしょう。しかし、中には思ったように職を得る事が出来ないという人も多いようです。

 

結婚や妊娠、出産によって退職した女性の場合、再就職を考えるのは子育てが一段落ついてから、という人が圧倒的に多いと思いますが、その場合、どうしてもキャリアにブランクが生じてしまいます。そして、そのブランクが仕事探しに影響を及ぼす事が少なくないのです。

 

現在では、パソコンスキルが必須となっている事務職だけでなく、あらゆる職種で機械化が進んでいます。例えば、アルバイトやパートであっても簡単なパソコン操作を求められる事が少なくありませんし、在庫管理やファミレスのオーダーにも端末が導入されています。面接の際にパソコンやスマホを使った事があるか、と聞かれるケースも増えているそうですから、そういった意味でのブランクも再就職を難しくしているのでしょう。

 

主婦がパートやアルバイトで希望する職種の一番人気は、事務職だと言われています。人気の分だけ競争率が高い訳ですが、それに加えて就職難の若者たちも競争に加わってくるため、本当に事務職を希望しているなら、資格の取得やスキルアップなど、事前にしっかりと準備しておくことが重要です。

 

 

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト