事務職の契約社員と正社員

事務職の契約社員と正社員

事務職の求人に応募した人はどの程度の年収で働いているのでしょうか? 事務職で正社員を目指す人であれば気になるところですね。

 

専門性と年収

DODAに事務職の平均年収が年代別に発表されています。それによると、25〜29歳の平均年収は295万円、30〜34歳は319万円、35〜39歳は333万円であることが分かりました。

 

ちょっと低いな、と感じる人もいるかもしれませんが、事務職の契約社員、派遣社員として勤務している人も合計しての平均ですので、低くなる傾向にあります。25~29歳の最高年収は700万、30〜34歳は800万、35~39歳になると1110万円となっていますので、優秀なスキルを持つ正社員として働く人の中には非常に高い年収を得ている人もいます。

 

では、上記のように高い年収を持つ事務職とは通常の事務と何が違うのでしょうか? DODAによるとたとえば翻訳や専門職のアシスタントなど、希少性の高い事務であれば高年収になる傾向にあるということです。ですので、事務職を目指す人はぜひ高収入を得るべく、専門性を身に付けてみて下さい。

 

 

契約社員ではなく正社員で

事務職は平均年収が高いとはいえませんが、正社員として働くことができるのなら低収入とは言えないことを最高年収が示していますね。

 

事務職の求人に応募しようと思っている人は専門性の有無が上限でどの程度、年収に差をつけるのか頭の片隅に置いておいて下さい。専門性が高ければ、高収入のポストにつける可能性も十分あります。

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト