事務職で求められる人材の資質とは?必要な事務経験とは?

事務職で求められる人材の資質とは?必要な事務経験とは?

事務職とは?

一般的にデスクワークと言うと事務職という仕事がすぐに思いつくかと思います。業務内容は非常に多岐に渡りますが、いわゆる一般事務を差す場合には初歩的な伝票や会計処理、給与関係、ファイリング、文書作成、文書管理、電話応対、接客、その他雑用といったような具合です。

 

事務職の中には、会社の業務内容や、部署の中の業務に特化した専門の事務職もいます。例えば、営業事務、庶務事務、貿易事務、医療事務、文書事務など。受付、OAオペレーターやコールセンターのスタッフを含む場合もあります。

 

企業によっては、秘書業務の一部(通訳やスケジューリングなど)を行う事務職もいます。

 

 

事務職に求められる人物とは?

事務職は、企業の中で縁の下の力持ち的存在です。業績で目立つことは少ないですが、正確に、早く、確実に職務をこなしていくことを強く求められます。

 

最近では派遣社員に任せる傾向も見られますが、正社員としての採用も数は多くありませんが存在します。

 

 

事務職に求められるスキル/能力とは

事務職で一番に求められることは、決まった業務(ルーティンワーク)を早く正確に処理していく能力です。

 

最低限求められるスキル/能力
  • PCスキル- ワード、エクセル、パワーポイントでの作業ができる程度のレベル
  • 会計スキル- 帳簿は経理が行う場合が多いですが、見て分かる程度のスキルは期待されます。
    簿記は日商2級程度の資格があれば、アピールポイントとなります。
  • 正確な計算- 電卓であっても、パソコン上のソフトであっても、早く正確な計算が必要です。
  • 正しい日本語- 敬語 電話の応対や、来客の接遇、業務の報告、連絡、相談のために必要です。

 

 

事務職に求められる資質とは

必要な資質として求められているものは、周囲への気配りができ、相手の先回りをして仕事のできる人などです。即戦力としては応用力を活かして働くことのできる人材であるかどうかも問われます。

 

最低限求められる資質
  • 明朗な性格- 様々な部署とのやりとりや、お客様とのやりとりなど、幅広い人間関係を円滑に保つ必要があります。
  • 判断力- 業務の優先順位を考え、臨機応変に対処できること。コンプライアンス(企業の法令遵守)や社外秘を守れること。
  • 話を正しく聞けること- 性格な情報のやりとりが求められます。

 

 

事務の求人を探すなら

まずはタウンワークなどで近場の求人を探すのが普通でしょうが、最近ではネットの求人媒体もかなり発展しているのでこちらもかかさずチェックしましょう。

 

ネット求人媒体は大きく分けて2種類。基本的に自分で探す”求人サイトタイプ”とキャリアコンサルタントにお世話してもらう”転職エージェントタイプ”があります。

 

 

 

求人サイトタイプ

有名ドコロでいえばリクナビNEXT。毎週1000件以上の新着・更新求人があるので職探しにはまずここから利用を始めるとよいでしょう。

 

さまざまな会員向け機能が用意されていますが、あなたの年齢や技術、経歴などを登録しておくと、それを見た企業からオファーメールが届くスカウトシステムが代表機能のひとつ。やりとりはすべてサイト上で完結するので、いきなり電話がかかってきたり…なんてことはありません。完全無料で登録も1分程度と、お手軽に始められる転職サイトです。

 

事務求人は2016年2月時点でなんと860件強。事務のお仕事を探しているのであれば欠かさず利用したいところです。

 

無料会員登録!公式サイトはこちら

 


 

転職エージェントタイプ

有名ドコロでいえばリクルートエージェントやDODA。

 

登録するとメールや電話にて連絡があり、キャリアコンサルタントとの面談日程が相談されます。その後は近場の拠点まで出向き、実際にコンサルタントと面談。

 

ヒアリングを行った後に条件や要望に合う案件の紹介へと進みます。拠点が近くに無く、面談が難しい場合には電話での対応も受けられます。向こうから案件を探してくれるので自分で探すよりも格段に手間いらず。求人サイトで探しつつ、こちらも併用すると効率がよいでしょう。

 

 

無料会員登録!公式サイトはこちら

 

他にも転職・エージェントどちらも対応しているDODAも有名どころです。ちょうどこの6月から定期的に大規模な転職フェアを開催するので、転職に興味をお持ちの方はフェアに参加してみてはいかがですか?

国内では最大規模の転職フェア。さまざまな企業が中途採用を行う合同説明会となっています。事前登録しておくとスムーズに会場入りできるのでオススメですよ。 各会場の詳細は←のボタンから確認できます。

 

 

 

まとめ

求人広告を見てみると、事務職の正社員の募集条件では、事務経験者などといったものが比較的目立ちます。

 

やはり企業側にしてみればただ資格を持っているだけの人材よりも、それを使いこなす能力を持つだけの経験を積んだ人材の方が遥かに雇用価値が大きいからでしょう。

 

バブルの時代のように、ゼロから人材を育てる余裕が無くなってきているのかもしれません では初めて事務職の正社員を目指す時に経験を積んだ人というのはどういう人か考えてみてください。

 

まずは派遣社員として事務経験を積んだ人。それからアルバイトやパートとして事務経験を積んだ人。他には学生の場合では、インターンシップなどで企業の現場事務を学んだことのある人。こういった方は大いに事務経験を自己アピールとして活かすことが可能でしょう。

 

それから一緒に仕事をしたいと思えるような人柄や資質であるかが最終的には何よりも大切な採用の判断材料になるようです。

 


リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト