事務職への就職に有利なスキルを身につけよう!

事務職への就職に有利なスキルを身につけよう!

 

事務職にもいろいろな種類がある!

事務職と言えば、内勤で伝票を処理したり、入力を行っているというイメージをお持ちかもしれませんが、実は色んな種類の事務職が存在します。おおまかに分類すると、「総務事務」「経理などの専門事務」「営業事務」「一般事務」に分かれます。

 

≫総務事務
会社全体に関わる、さまざまな管理業務を行う。
人事労務として、給与計算や社会保険、規定・規約関連、契約法務などに携わると、後でキャリアを活かした転職が望めます。

 

企業が日々関わる、法律に特化した法務事務職は、転職の需要が特に多いです。

 

 

≫経理など専門事務
社内外の日々のお金の動きを仕分けて転記し、決算書を作成する会計業務と、税務申告に関する業務を主に行う。簿記の知識や資格、税金に関する知識や資格があると有利。

 

専門性の高い事務職としては、他に通関書類の作成を行う貿易事務や、保険の点数計算・毎月の請求業務を行う医療事務など、たくさんの種類があります。

 

 

≫営業事務
営業をサポートし、営業活動に関わるデスクワークを担当。

 

所属部署にもよりますが、製品やサービスの受発注から、見積書・請求書作成、営業資料作成、データ入力、>電話対応など、サポート業務は多岐にわたります。

 

 

≫一般事務
書類のファイリングやデータ入力、各種資料の作成、電話や来客の応対を行います。社内外の方と接するので、コミュニケーションスキルが不可欠です。一部秘書業務と重複します。

 

また入力事務(入力オペレータ)や、パソコンでの入力業務を伴うコールセンターのオペレータも事務職に含まれることがあります。

 

 

事務職に共通して、身につけておきたいスキル

 

まず事務職全般に求められるスキルについてまとめておきましょう。総務、経理、営業、一般など、どの事務職でも必要なのは、PCスキルです。

 

ワードとエクセルだけではなく、パワーポイントやアクロバットを使用することもありますので、応募前に求められるPCスキルのレベルを調べ、対応する資格を取得しておくと有利でしょう。PC関連で取得すると有利なのは、マイクロソフトオフィススペシャリストがあります。

 

市販のソフトを使用するだけでなく、社内で使用される専用のソフトが存在する場合も多く、新たなソフトへの適応力や、基本的な入力の早さ・正確さは必須です。

 

 

職種別にあると有利なスキルとは?

ここでは職種別にあると有利な資格の一部を、紹介したいと思います。

総務事務
  …社会保険労務士、司法書士、行政書士、秘書技能検定
経理などの専門事務
  …日商簿記2級以上、公認会計士、税理士、通関士、医療事務の各種資格
営業事務
  …日商簿記2級以上
一般事務
  …秘書技能検定、日商簿記2級以上

資格があるからといって必ず転職で優位になるとは言い切れませんが、事務職への就職を目指して努力をしてきた結果としてアピールできる、大切な武器になります。

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト