新卒就職活動とは全然違う!20代向け転職活動の進め方

新卒就職活動とは全然違う!20代向け転職活動の進め方

近年では、入社して3年以内に退職する若者が増えています。
以下のグラフからわかるように、入社して3年以内に大卒者の3人に1人退職しています。
そして、現在でもこの状況が変わることはなく、依然離職率は高いままです。
入社してみると、想像していたのと違った、社風が合わなかった、他にやりたいことができた、ということはよくあることです。

 

ですが、実際に転職活動をしようと思っても、何から始めればいいのかわからない、どう動いたらいいかわからない、という人は多くいることでしょう。
そこで今回は、20代の転職希望者向けに一般的な転職活動の流れとポイントを紹介します。

 

出典 マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2014/11/11/035/

 

 

1.転職サイトを十分に活用する

まず、転職活動の第一歩として、転職サイトに登録しましょう
転職サイトは数多く存在しますが、求人数が多いものや、使いやすものなど自分の利用しやすいものを選びましょう。

 

そして、転職サイトを絞ったら、そこのコンサルタントサービスを利用するのです。これに申し込むと、大体1週間以内に面談が実施されます。

 

おすすめ求人サイトの詳細はこちら

 

その際に今までの職歴や、希望の業界、職種などをコンサルタントに伝えます。すると、それまでの経歴から判断して、どういった業界なら内定が得やすいかなどのアドバイスをもらうことができます。また、現在の転職市場についての説明も受けることができます。

 

この際に新卒の就職活動と転職活動の違いなどの説明もしてもらうようにしましょう。この面談では、気になっていること、不安なことなどなんでも聞くことができるので、その後の転職活動が非常に進めやすくなります。

 

また、履歴書や職務経歴書の添削もしてもらうことができます。
特に職務経歴書は初めて書く人が多いと思うので、必ず一度は添削をしてもらいましょう。

 

そして、面談後からはあなたの希望に合った求人を厳選して紹介してくれるようになるので、求人も見逃すこともありません。コンサルタントは、内定を取得して入社をするまでケアをしてくれるので、初めて転職活動をする人にとっては必須のサービスです。

 

 

2.前職について話せるようにしておく

転職活動において重要なことは、前職での経験や得たスキルをしっかりとアピールをできるようにしておくことです。
新卒の就職活動時には幼少時からずっと過去を振り返る自己分析をしましたが、転職活動時は前職について振り返るようにしましょう。

 

やりがいを感じたこと、成長したエピソード、つらかった経験など、人通り話せるようにしておくことが必要です。それに基づき、自分の強み弱みも明確にしておきましょう。

 

転職活動の面接時には、前職を辞めた理由についても聞かれます。
実際には、人間関係や待遇、やりたいことと違ったなど人それぞれ理由があると思いますが、面接時にはネガティブなことは言ってはいけません。

 

転職をして、スキルアップをしたい、もっとこういう経験をしたいなど、志望理由とからめてポジティブな退職理由を言うようにしましょう。

 

20代のスキルが少ない人は、とにかく熱意を伝えることがポイントです。
自己成長意欲などを前面に押し出し、前向きな理由で退職したということを伝えましょう。

 

 

3.退職交渉はスムーズに!

転職前の最後の困難は、退職交渉です。
ここでの重要な点は就労規則にしっかり目を通すことです。

 

就労規則には、退職の際にはどれくらい前までに上司に伝えなければいけない、などのルールがあります。必ず、その期間は守るようにしましょう。
そうしないと、上司が退職を認めない場合もありますし、退職交渉で相当揉めることがあります。

 

もし上司から認められず退職ができないようならば、各自治体の労働局に相談しましょう。労働基準法で、退職の2週間前までに会社に申告すれば辞められるよう設定されています。

 

会社がこの規則を無視するようであれば、労働局から直接会社に警告してくれます。ですが、この方法は会社と相当揉めることとなるので、最終手段としましょう。
円満退職の方法についてはこちら

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。新卒の就職活動と転職活動は全く違います。
ですので、まずはその違いから明確にする必要があります。そのために、コンサルタントサービスを有効に利用するのが良いでしょう。

 

転職活動とは大変なことばかりで、なかなか踏み出せないという人もいると思います。
しかし、日本企業は若い人材を好むので、動き出しは早ければ早いほうが良いのです。
特に第二新卒向けの求人は多くありますし、未経験でも応募できるものがあります。
ですので、キャリアチェンジの可能性も十分あるのです。

 

20代で転職を考えている人は、ぜひ今回紹介した転職活動の進め方を参考にし、
スムーズに転職活動を終えられるようにしましょう。

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト