独学Webプログラマーが語る就職をおすすめする理由!

独学Webプログラマーが語る就職をおすすめする理由!

自由を求めてフリーランスになる方が増えています。
Web関連はパソコン一台あれば仕事ができる場合も多く、事務所を持たずどこでも仕事ができることから「ノマドワーカー」という言葉ができました。
ノマドワーカーになり場所と時間に縛られず、カフェでゆっくり仕事をする。そんな理想を描いている人も多いと思います。
私もその一人で、独学でWebコンテンツを作れるようにと勉強をし、今はフリーランスで仕事を頂けるまでになりました。ですが実際に仕事を頂いて分かったのは、そんなに甘くなかったということです。

 

・なぜ就職したほうが良いのか
Web制作に携わりたい方なら、まずHTMLやCSSの基礎から始めると思いますが、デジタルリテラシーの高い若者が増えている昨今、それらはできて当たり前の時代になりました。
独学で勉強をするのが大変なのは当然ですが、一から始める方はWeb制作の基礎すら覚えるのにかなりの時間が掛かることになります。そこからクライアントの要望に答えられるだけのWeb制作技術を独学で習得するのは、本当に大変なことなのです。

 

就職して仕事をする中で学ばなくてはならないのは、自分の担当する仕事だけではありません。デザイナーでもずっとデザインをしていれば良いわけではなく、社内での打ち合わせや、クライアントの要望を汲み取る技術も必要になってきます。もちろんプログラマーもガリガリとプログラミングをしていれば良いわけではありません。

 

現場で小さなノウハウの積み重ねることで、気づいたらこんなことまでできるようになった、なんてことはよくあります。SEOや著作権に関する知識、コンテンツを置くサーバーの選定方法など、これらを独学で学ぼうとすると大変な作業になります。自分はプログラミングだけしたいのにと思われるかもしれませんが、それでは仕事になりません。なので早くフリーランスになりたい人も、現場からスタートするのが最短ルートとなるのです。

 

・まずはアルバイトからでも
「こんな年齢でアルバイトは嫌だ!」と言われる方もいるかもしれませんが、基礎から教えてもらう立場としては、こちらから頭を下げて教えを請うぐらいのつもりでなくてはいけません。先輩方も自分の仕事がある中で時間を割いて教えてくれるので、こちらもできる限り早く仕事を覚えるように努力する必要があります。

 

募集によっては正社員登用制度が適応される場合もあります。これはアルバイトから正社員になれる制度ですので、正社員として安定した収入が欲しい方は探してみるのも良いと思います。雇う側も性格や技量を分かっている相手を雇えるので、安心して仕事を任せられる良い制度だと思います。

 

・フリーランスにはいつでもなれる
正社員になれたとしても、ノマドワーカーへの憧れを捨てられない方もいると思います。フリーランスになればその理想に一歩近づいたと言えますが、焦って仕事を辞めてはいけません。辞める前に現場のノウハウを吸収しておくことも大切ですが、仕事を紹介してもらえる横の繋がりや、クライアントとの縦の繋がりを作っておくことも大切になります。

 

仕事を辞めるとき、円満にとはいかないかもしれませんが、勉強させてもらった上に給料まで頂けたことには感謝しなければなりません。フリーランスになれば今まで手分けしてやっていたことを、全て自分一人でこなさなくてはいけません。その時初めて本当の大変さが分かるのだと思います。

 

・まとめ
私は最初から独学で勉強してフリーランスになったのですが、やっと頂けたお仕事も細かい要望には応えられず、苦い思いをしました。
これでは駄目だと思い、知り合いのWeb制作会社で働けるようにお願いし、基礎からみっちり教えて頂きました。最初からある程度作れたものの、「これってこんなに簡単にできたんだ......」と思うことが多くあり、最初から雇ってもらえばよかったなと思いました。

 

就職せず、最初からフリーランスになったことで学べることもありましたし、今は後悔していません。ですが独学で勉強して苦い思いをするより、一度現場で働いてからフリーランスになったほうが、間違いなくクオリティの高いものを提供できます。今から始めたい方はアルバイトや正社員として就職し、焦らず経験を積むことを目標にして欲しいと思います。

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト