本当に決めるポイントは?転職を決断するときに重視したい不満要素

転職をしたいと思ってしまう時、何が重要となっているのか、これを判断しなければなりません。
なぜ転職を決断しなければならないのか、不満に思っている要素はどこにあるのかをチェックしながら、自分が必要とされている会社を見つけたり、良いと思っているところに行けるように努力をしなければなりません。ただ、不満要素によっては、転職しないほうがいいこともあります。

 

大半の人は収入と待遇に不満あり

転職したいと思っている時には、だいたい不満に思ってしまう要素が生まれます。一番多いのは収入であり、同期の人よりも少なくなっていたり、他の職業よりも少ないことがわかって、不満に思ってしまうことがあります。

 

また、待遇についても同様であり、自分より下の人がどんどん出世していることがわかって、自分は頼りにされていないのではないかと思ってしまうことがあります。そうした気持ちが不満になって、転職をしたいと思うことが多いのです。

 

確かに年収というのは、すごく大事な要素の1つで、これが足りていないと判断されている時には、転職した方がいい気持ちも生まれやすいです。ただ、転職したことによって、収入が確実にアップするかどうかはわかりません。ボーナスという部分でそれを補っている会社の場合、基本給が同じくらいで、ボーナス分だけ増やせるのかがわからないからです。

 

同様に、待遇をなんとかしたいと思っている場合でも、結局待遇が改善されるとか、出世街道に乗れるとかそうしたことがないケースもあるので、安易にお金とか地位とかで転職をすると、返って厳しいことも予想されてしまうのです。

 

他に何か不満に思っていることがないか

お金や地位という部分で、不満に思っていることは結構ありますが、それ以外の不満に思っているところがないかを考えることが、転職の決断をすることになります。最初のうちは、お金だけで不満に思っていたから転職したいけど、それ以外にも仕事の無いように不満を持っているとか、仕事の環境が悪いと思っているなども転職の理由として採用することができます。

 

会社側は、待遇を良くすることも重要になっているのですが、なかなか仕事の環境が良くならなかったり、残業の時間ばかり増えてしまって、自分のプライベートが失われてしまうことも多くなってきます。残業というのも、転職したい要素の1つで、何とかして残業しなくてもいいところを探したい人もいます。

 

仕事をする環境を整えたいように、何かをプラスして考えられるようなら、転職の決断をすることができるかもしれません。

 

異業種を考えているならそれが理由になる

今の仕事に不満を持っていることは、仕事のジャンル自体が不満になっているのかもしれません。
収入面で不安に思っていることは当然のこと、この仕事自体に良いと思っているポイントがないので、転職したいと思ってしまうことも結構あります。これは、今の仕事すべてに不満を持っていて、もう続けることができない可能性を持っている状態です。

 

仕事をしたいと思っているけど、やはり不満に思っていることが多くなると、やる気も失われてしまいます。仕事自体が嫌いで、今の業種とは違うもので頑張ってみたいと思っている人はたくさんいるかもしれません。そうした気持ちは、決断の大きな理由となりますから、こうした意味のあるもので決断をすることはいいことです。

 

ただお金とか地位をなんとかしたいのであれば、まだその会社で頑張れば努力によって改善されることもあります。それ以外に不満を持っているかどうか、その不満要素から決断した方がいいです。

まとめ

転職は、安易に決めてしまうことで、大きな失敗をすることもあります。ほんとうにいい決断をしたいと思っているなら、転職というものは不満によって決めることだと考えてください。ただ、その不満が単純なものだけでは、全く意味のないものです。本当に大事なことは、不満を解消できる方法が現時点でないのか、そして転職をすることで、その不満を解消できる可能性がないのか、他の理由などを考えて決めることです。

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト