転職回数は転職活動に影響する?年齢と転職回数の関係性

転職して新しい仕事を始めるということは、心機一転して頑張れるチャンスでもあります。

 

しかし転職回数と言うものは転職活動を行なう上で非常に重要なものとなりますし、年齢と転職回数の多さにも転職が成功するか失敗するかを決定付ける要因となる場合があります。

 

20代での転職回数の多さはマイナス要素

仕事が合わないとか人間関係でトラブルがあって仕事を辞めて転職するということは、ごく一般的なことでありさほど特別なことではないと言えます。しかし問題となるのはその回数で、転職回数の多さはその後の転職活動での採用対し非常に大きな影響を与えることになります。

 

例えば20代後半の転職適齢期と呼ばれるときに初めて転職を行うのであれば、ある程度の社会人としての経験も積んでいますし今の仕事に関してもスキルなどが身に付いているため企業側も欲しい人材として引く手あまたとなり、転職がスムーズに行える可能性が高くなります。

しかしもし同じ20代後半ですでに数回の転職経験がある場合は話が大きく異なってくることになります。20代後半で初めて転職を行う場合は、22歳大卒で就職したと仮定すると一つの仕事を少なくとも6〜7年以上は継続していることになります。しかし同じ20代後半で4回の転職をした経験がある場合は、一つの職場での勤続年数は平均すると1〜2年程度しか勤務していないということになるため、年齢のわりに仕事が身に付いていない場合やスキルや技術が未熟ということも考えられます。

 

この場合、転職適齢期であったとしても企業側が欲しがる社会人としての経験もスキルも乏しいですし、何よりも一つの仕事が長続きしないと判断される恐れもあるためこのケースにおいては転職がうまくいかないということになる可能性が極めて高くなります。要するに若い年代での度重なる転職は、マイナス要素となるけれどプラスにはまず働くことが無いといえるでしょう。

 

30代後半〜40代の転職回数の影響は?

一般的に30代後半〜40代と言う年代は転職適齢期を超えているため転職が難しいと考えられる年代です。しかし近年では即戦力を欲しがる企業の増加によりこの年代の転職率が大きく伸びているのが現状です。

 

では30代後半〜40代の場合に転職回数が転職に関して支障となるのかといえば、この場合20代のときとは異なり、数回程度の転職回数はさして問題とならないケースが多く、逆に複数の企業で仕事を行ない様々なスキルや技術を身につけている可能性が高いためむしろ利便性が高く即戦力となりやすいと判断される場合もあります。

 

もちろんその場合一つの企業で5年程度の勤続年数があることが少なくとも転職成功のための条件となりますが、20代のときと比べた場合には少なくとも10年以上長く社会人としての経験を積んでいることになるため、同じ4回の転職回数の場合でも20代と40代とでは全く状況が異なると考えてよいでしょう。

 

転職回数と年齢を考えて転職を

20代で転職を考える場合には出来るだけ転職回数が少なければ少ないほど成功率が高くなると考えてよいでしょう。そのため転職回数が不利になるのは年齢が若ければ若いほど回数に比例して転職成功率が落ちていくと言えます。若いということはアグレッシブでエネルギッシュ、仕事に対しても適応力が高く順応しやすいという側面があると共に、飽きやすく一つのことが長続きしないという面も考えられます。

 

そのため転職回数の多さは仕事が長続きしないと捉えられやすく、正社員ではなくアルバイトでの採用ならOKといったような採用しかしてもらえないという状況を生み出す恐れもあります。そうならないためにはやはり20代の間は出来るだけ転職回数を増やさないように一つの仕事を継続できるようにすることも必要となってくるでしょう。

 

これが年齢を経ていけば経ていくほど転職回数は関係なくなりますのでそれを踏まえたうえでの転職活動を行うことが成功率を上げるポイントといえます。

 

まとめ

転職回数の多さは企業へ与えるマイナスイメージが高くなってしまいますので、本来であれば転職回数少ないほうが成功率は格段にアップします。しかし近年では様々な企業がありますし、転職市場においても年齢の差別化が緩和されつつあります。

 

そのため転職回数の多い40代でもチャンスは十分にあると言えますし、即戦力としての能力があれば転職回数に関係なく採用してくれる企業も増えていることを知っておくと良いでしょう。"

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト