異業種への転職は失敗しやすい?失敗しないためのポイントとは

今の仕事から他の仕事に転職を考える場合、全く異なる異業種への転職というのも選択肢の一つとしてあります。

 

その場合今までとは勝手の違う新たな業種への転職となるわけですのでポイントを押さえておかないと異業種に対応できずに転職が失敗だったと感じることも多くなってしまいます。異業種への転職で失敗しないためのポイントを知りましょう。

 

異業種へ転職するなら出来るだけ若いほうが成功しやすい

異業種と言うのは今までの仕事の経験が活かせないことも多く、一から仕事を覚えることが必要となります。

 

そのため年齢を経ていると新しい仕事に対し順応できないということも考えられますし、全く違う仕事を覚える作業に時間がかかりなかなか生産性が上がらないというジレンマを抱えることも考えられます。

 

そのため若い年齢のうちに異業種への転職を考えるほうが仕事への順応性も高く、覚えるのも早いためすぐに仕事に慣れることが出来ると言えます。

 

仕事を覚えるのが早い=その企業の力になるのも早い=信頼を得やすい

仕事を覚えるのが早いということは、その企業の力になるのも早いということですので、企業からの信頼を得やすいというメリットもあります。それと若いうちに異業種へ転職することで自分の可能性を試すチャンスだと捉えることもできます。

 

もし今の仕事が自分に合っていないと感じているのであれば、それは異なる業種へ転職を行うチャンスだと考えることも出来ます。このまま合わない仕事を続けるよりも、合う仕事ややりたい仕事へチャレンジすることも、若い年齢であればさほど支障もなく行うことが出来るでしょう。

 

年齢を経ていても異業種への転職は可能か?

若いうちに異業種へ転職するということはメリットが大きくなる場合が多いと言えますが、ではある程度年齢を経ていた場合には異業種への転職は失敗しやすいのでしょうか。

 

これは異業種への転職の仕方が重要となり、上手に転職を行えば異業種であっても今までの経験などを活かすことが可能になります。

 

基本的に異業種への転職で成功しやすいのは20代のほうがよいのですが、30代〜50代であっても異業種への転職を成功させる方法はあります。

異業種の中でも同じ職種をチョイスするという方法

例えば事務の仕事であれば異業種であってもさほど仕事内容に違いはありませんので転職で失敗することは無いでしょうし、営業といった仕事であれば扱う商品やサービスは異なりますが基本的な仕事のスタイルは変わりませんので、今までの営業としての経験を無駄にすることなく異業種への転職が可能になります。

 

そのため若いうちの異業種への転職とは少々異なりますが、年齢がある程度経ていた場合でも今までの仕事の経験やスキルを活かせる職種への転職であれば、異業種への転職でもスムーズに転職が出来るといえます。

 

異業種のチョイスも重要

異業種への転職の場合、業種のチョイスも重要となります。例えば高い技術を必要とするような業種の場合や、何年も経験を積み資格を取得しなければいけないような仕事の場合は、若い年齢のうちに転職をしておかないと技術の習得や資格の取得が出来ない可能性も出てきます。

 

特に手に職をつけるような仕事は年齢を経てからでは遅すぎるということもあるわけです。そのためそういった仕事に関しては若いうちに転職をしておくほうが成功する可能性が高くなるでしょう。

 

異業種への転職が遅くなればなるほど不利になるものもあります

それは定年退職をした際に支払われる退職金の存在で、退職金は勤続年数に直結していますので年齢を経てから異業種への転職をした場合には給与はアップしたけれど退職金は大幅に減ったということも考えられます。

 

若いうちに転職していればそれほど退職金への影響はありませんので、その点も考えることが重要となります。それと異業種でもこれから先の成長が見込める業種を選択しないと、転職は成功したが仕事は先細りしていくばかりという問題もありますので注意しましょう。

 

まとめ

異業種への転職では業界の成長、自分の年齢などが転職成功に大きく関わってきます。そのため様々な情報を下調べして集め、じっくりと精査した上で転職先をチョイスする必要があります。そのため焦って転職するのはNGだと考えましょう。

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト