円満退職をするための行動も事務に必要なもの

円満退職=事務作業

 転職先の事務職が決まれば今の会社から退職することになります。ここでその会社との関係が悪くなると今後の仕事にも影響が出るので、できれば円満退職を目指したいところです。

 

 その円満退職をするためには退職する前に余裕を持って退職する意思を伝える、今している仕事があるのならその引継ぎ作業をする、挨拶回り等の行動をする必要があります。

 

 これ見れば分かるとおりに実は結構事務作業と似ているのです。円満退職のために行動するということは、これから事務職としてやっていくための試験ともいえます。

 

 

計画を立てて効率よく

 一言で引継ぎ作業、挨拶回りといってもその人の世代と仕事内容によっては相当大変な作業にもなります。これらし退職前の数日に終わらせておくのが望ましいので、そこまでに終わらせられるように計画を立てる必要が出てきます。

 

 挨拶回りに行くべき人や企業はどれくらいか、訪問して挨拶できるか、メールで済ませるか、引継ぎ作業はどのような作業をする必要があるのか、どれくらいかかるのか…これらを考えて余裕を持って済ませられるようにしましょう。

 

 もちろん想定外のことが起こる可能性もあるので、ある程度はフォローができるような計画にしておくことも必要です。

 

 

参考記事

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト