事務職への転職を目指している人に提言|試用期間に関する注意点とは?

転職者にも試用期間はある?

 

 転職サイトなどの求人票を見ていると、事務職を募集している多くの企業が“試用期間”を設けていることに気がつくのではないでしょうか。

 

 試用期間とは、新しく雇用した人に対して企業が設ける制度のこと。本採用に値する人物かどうか、面接時にはわからなかった問題点がないかどうか、それを働いてもらいながらチェックする期間がこの制度であると理解しておくといいでしょう。

 

 この試用期間の説明を聞くと、「それは転職者には必要ないのでは?」と思うかもしれません。しかし、最近では転職者にも初めての就職者と同じように試用期間を設ける企業が増えてきています。

 

 転職者であっても本採用に値するかどうかは実際に働いてもらわないとわからない、そう考えてのことでしょう。事務職経験があったとしても人間性に問題があれば意味がありません。そういう観点から、試用期間を設ける企業が増えてきているのです。

 

 

妥当な試用期間とは?

 

 試用期間の有無以外にも、必ずチェックしておいてもらいたいことがあります。それは、“妥当な試用期間”です。

 

 2か月から6か月間、これが一般的な試用期間であり、この範囲内であれば妥当であると言えるでしょう。待遇に関しては、時給換算した時に最低賃金を下回っていなければ、本採用時より下がっていたとしても問題はないと解釈できます。

 

 社会保険等については試用期間であっても加入させる義務が企業にはありますから、正規雇用として採用されたのであれば、ここもクリアしていなければいけません。

 

不明点は入社前に必ず確認

 

 上記のような“妥当な試用期間”制度になっているかどうかは、必ず入社前に企業側に確認しておきましょう。面接時に尋ねてもいいですし、あるいは内定後に担当者に直接聞いてみるのもいいでしょう。

 

 絶対にやってはいけないことは、試用期間の概要が不明なまま雇用(労働)契約書にサインしてしまうこと。こんな危険な行為はありません。

 

 不明な点があったままで入社してはならず、事務職であっても試用期間やそれに関する就業規則を甘く見ることなく、必ずチェックしてから入社を決断するようにしてください。

 

 

参考記事

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト