女性は年齢が上がるほど非正社員が増える?

女性に目立つ非正社員 就労者の半数近く 横浜市が分析

http://news.livedoor.com/article/detail/7362518/

 

 横浜市では就労状況について、調査結果を発表しました。記事によると調査は横浜市が平成22年の実施した国勢調査であり、15歳以上の市民の就労状況を分析したものです。この結果、女性は年齢が上昇するにつれ、正社員の割合が少なくあり、男性との間に大きな差があることがわかりました。

 

 女性はどうしても結婚や出産、子育てといったことがあるため、離職率が高まるのはしょうがないことといえます。しかし子育てがひと段落してからパートをするといった人も多く、パートで働く女性は非常に多くみられます。パートの女性陣がいなかったら、日本の企業は成り立たないといっても過言ではありません。

 

 女性が仕事を探すとき、事務職の正社員狙いの人が多くいることと思います。休みがしっかりしている事務職は子供がいてもつきやすい職業ですよね。雇用体制もパートより、正社員の方がメリットが大きいのでなんとかして事務職の正社員になりたいと考えている人も多いことと思います。事務職は女性が多いイメージですが調査の結果、事務職や専門・技術職などすべての項目で、正社員が多かったのは男性といった結果となりました。

 

 女性は「いつか結婚する」ということが前提になっている人が多いことから、転職についてけっこう安易に考えている人も少なくありません。それが1人や2人ではなく、周りがそんな感じだとますますそういった傾向が見られることでしょう。事務職で正社員勤務をしたいなら、出産後も仕事を続けるのが1番てっとり早いのではないでしょうか?

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト