面接官の選考ポイントと対策は?

面接官の選考ポイントと対策は?

 

 

 面接において、面接官は人事面接と部門面接に分かれます。各面接官は、企業の社風とあうかどうかという基準をもとに面接を行います。人事担当者は、基本的に社風に合うかどうか、また現社員と馴染めるかどうかというところを基準に選考します。それは、いくら
能力が高くても、人格に問題があったり、コミュニケーションがとれないようなら採用を見送ります。次に現場担当者は、社内にいる社員んはない技術を持っているか、即戦力としてやっていけるか、他の社員とうまくやっていけるかということを専攻します。特に、既存社員にはないスキルや経験があれば、まず採用したいと考えます。最後に両者は、その人の将来的に伸びている能力の伸びしろを確認します。本人のやる気にもよりますが、将来的に企業にどう貢献してくれるのかということも重要視します。

 

 候補者は、これらを選考されていることを理解した上で、自分の能力と興味を企業が必要とする人材像に結びつけてアピールすると良いでしょう。ただし、企業の社風と自分が合うかどうかは入社しないとわかりづらいものです。そこで、企業の社風を知る意味合いでも離職率は必ず確認する必要があります。また、会社サイトや求人ページ、評判などもしっかりと確認すると良いでしょう。

 

 また、最初から社風が合わない場合には、無理に相手の社風に合わせる必要はないでしょう。それは、自分と社風が合わない会社に無理に入社しても、結局続けられなくなり自分も会社も不幸になってしまうことになるからです。

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト