自分の適職だと信じた事務職(27歳/男性/元エンジニア)

27歳・男性
エンジニア
事務
リクナビNEXT

 

 

 

 学生時代、アルバイトである企業の営業事務をしていました。自分の性質に合っていたようで、仕事が楽しくやりがいもありましたが、就職活動で決めた仕事は全く畑違いのエンジニアでした。その頃の私は、まだ自分の可能性ややりたい事が見えいなかったのだと思います。出来ることを探すよりも、出来たら格好良いという周囲の目ばかり気にしていました。

 

 実際、働き始めてすぐに違和感を感じましたが新卒採用ということもあり3年間は頑張りました。働き続けるうちに最初の違和感は消えていくだろうと思っていましたが、それはなくなるどころかどんどん大きくなっていくばかりでした。よって転職を考えました。

 

 

 

 スキルアップの転職活動と思われず、前職と比較して逃げの転職だと思われがちだったところが苦労しました。圧迫面接でそのように言われたこともありましたし、また嫌味を言われることもありましたが笑顔で頑張り続けました。

 

 

 

 

前職のエンジニアで身につけた技術をどう事務職に活かすかを練り、それを相手に伝わるようにアピールしました。
エンジニアの知識を持った事務職は、パソコンが強いと思われるところを武器にもしました。
捉え方によっては弱点になりそうな点を強みにする力を得ることが出来ました。

 

 

 

 

 

 こちらが面と向かって聞きにくい条件などを、一目で絞り検索がかけられることです。

 

 例えば、賃金や休暇についてや福利厚生など、一通り押さえておきたいポイントが一目瞭然なところです。また、毎回募集をかけている企業などは離職者が多いのだろうと思い避けることも出来ました。

 

 

 

 就職も人との縁です。そして働く企業の最初の窓口は人事担当者です。会社のロビーに入った瞬間から面接は始まっています。

 

 トイレや廊下でも気を抜かず、すれ違う人にはたとえ人事担当者ではなくても挨拶か会釈はするように心掛けましょう。後は自分を出すのみです。飾り過ぎると入社後に苦しくなります。気張らず適度な緊張感でのぞみましょう。

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト