仕事に集中するための体調管理方法とは

 

姿勢を正すことで健康に

事務職の特徴は、毎日同じ場所で同じような仕事に追われていることではないでしょうか。しかも、常に椅子に座りっぱなしで事務作業を行うことになるでしょう。こうなると心配なのが姿勢。

 

人の身体には少なからず癖があり、長時間同じ体勢でいるとその癖が徐々に身体に悪影響を及ぼしていきます。頭痛、腰痛、肩こり、目眩などの症状を感じる人は、姿勢に原因があるのかもしれません。

 

姿勢を正しましょう。それだけでも健康に仕事を続けることができるでしょうし、これまでの身体の悩みが一気に改善される可能性もあります。

 

あるいは定期的に整体でメンテナンスを行ったり、仕事中、1時間に1回はストレッチを行ったり、そもそも椅子を身体にフィットするものに変えるなどの工夫も、事務職の体調管理方法のひとつとなるはずです。

 

 

目の健康維持も重要な体調管理のひとつ

事務職は目も非常に酷使する仕事。就業中の定期的なストレッチと同様に、目に関するケアも行ってあげましょう。

 

目を温めることで血行がよくなり、不調が和らぐかもしれません。目の周辺を軽くマッサージするのもいいでしょう。目薬をさす、瞬きの回数を意図的に多くすることでも、目の健康を維持することが可能。

 

目が疲れると、これも頭痛や吐き気、肩こりなどに発展することがあるので、決して疎かにすることはできません。事務職の体調管理としては必須なのです。

 

 

一番の体調管理法はストレス発散!

事務職は、他の社員に仕事、特に雑用の類いを押し付けられたり、立場的に軽く見られ、愚痴を言われたりする機会も多いかもしれません。それが嫌で転職を考える人もいるのかもしれませんが、転職先でも同じような境遇になってしまった時のために、ストレス発散法を見つけておきましょう。

 

これは人によって違います。カラオケ、買物、スポーツ、おしゃべり、笑うなど、自分だけのストレス発散法を見つけておくことが大切。いずれにしても、ストレスのはけ口を見つけないまま転職するのは危険なのかもしれません。

 

これも重要な体調管理のひとつとして、今のうちに出会っておいた方がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト