知っておかないと怖い…正規雇用と非正規雇用の違い

 事務職を目指している人なら、「非正規雇用、派遣社員や契約社員、アルバイトならすぐにでも転職できそうだけど、正社員雇用だとどこも雇ってくれない!」という経験をしたことのある男女が多いはず。

 

 事務職で正社員を目指す男女の数はどこのエリアも非常に多いから、求人倍率がかなり高いです。「派遣ならすぐにでも働けるのだけど…30歳過ぎても派遣やっているってまずいよね」その通りです。派遣社員は厚労省の定義では“フリーター”です。

 

フリーターを続けていると負け組になる?!の嘘ホント

 

 大卒で定年までずっと正社員で働き続けると、2億円から3億円稼げるのに対して、フリーターですと6000万円程度であると言われます。そればかりではなく、フリーターを20代、30代、40代と続けていると、中高年になって「キャリアが浅い」「キャリアが無い」という問題に直面せざるをえません。

 

 結婚や出産というステージまでやってきて、「もっと安定した職に就きたいけど…実務経験が無いのでどの会社も雇ってくれません」ということに。

 

フリーターを続けていると「下流老人」に

 

 このごろは老後のマネープランを扱った本や雑誌が目白押しに出版されています。フリーターを続けていると、預貯金の額が少ないので当然老後はかなりしんどい思いをします。

 

 事務職で正社員に就くのはかなり求人倍率が高く大変な面もあります。しかし事務が無理なら他の職種でもいいから、40代〜50代になったときに自分に「職歴」とか「キャリア・スキル」というものがなければ、人材としての自分の価値(「人的資本」と呼ばれます)が低いままで老後を迎えてしまいます。

 

 

参考記事

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト