事務職を目指すのならどのように履歴書を書けばいいか

全体の構成が見やすいか

 転職において職務経歴書は大事な存在となる書類です。それは事務職においても例外ではありません。しかし事務職への転職となるとどのような職務経歴書にすればいいか悩む方もいるでしょう。

 

 この点に関しては事務職の仕事をする際に役に立つと思われる内容のものを選べばそれでいいでしょう。むしろ事務職を目指すのなら職務経歴書の全体の構成に気を使うことが大切です。

 

 というのも事務となれば何かしらの書類を作成する仕事をすることにもなります。そうして書類を作成するのなら必要な情報が書かれていて、尚且つ他人から見て見やすいかどうかが求められることになるからです。

 

 職務経歴書は履歴書と違ってテンプレ自体はあれど、構成自体はそこまで定められていないので作る側の腕に左右されます。

 

 そこで情報がバラバラになっていて見難いものだと事務の仕事をさせてしっかりした書類を作れるのかどうか不安に思われてしまうでしょう。

 

 事務職目指すからこそ、応募書類の構成は相手に伝わりやすいものにするのが大切となるのです。

 

 

作成前に掲載する必要な情報をまとめておく

 職務経歴書を作る前にどのような情報を載せるかをまとめておきましょう。というのもその都度その都度追加して書いていると全体的なまとまりがごちゃごちゃになってしまう可能性が高いからです。

 

 書くべき仕事内容を決めたら、そこから情報を抜き出していきましょう。もちろん情報を抜き出したらどのように構成してどこに書いていくかも考えなければいけません。一番アピールしたい情報は目立つところに書くようにしましょう。

 

 

参考記事

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト