事務職目指す際の志望動機はどんな内容がいいか

事務に役立つ情報をアピールしながら

 志望動機は当然のことながら何故その企業を選んだかを語る欄です。

 

 事務職となるとその志望動機を書くのが難しいかもしれませんが、そこまで仕事をしてきて何かしら自分が事務職へと向いていることをしていたという体験はあるはずなので、その事務に向いていると思う体験を書きながら自分が事務へと向いていることをアピールするようにしましょう。

 

 そして同時に前の仕事の経験を通じて自分が事務をやる際に役に立つと思われる情報をアピールすれば説得力は増します。

 

 例えばパソコン入力が得意ならそれが事務をする際の作業を円滑に進めることができるアピールとなり、データ管理が得意であればそれもアピールにすることができます。

 

 やってきた仕事を振り返って自分なりの事務へ役立つ情報を整理してみましょう。

 

 

企業によって変えるべきか

 一方で事務職となれば事務を目指す理由は書けるのはいいのですが、何故その企業を選んだかということを書くのは難しい話にはなるでしょう。この点に関してはその企業を選んだ理由をそのまま正確に書いてしまえばいいでしょう。

 

 企業側としても事務の仕事に意欲的で向いておりスキルがあると判断すれば十分であり、それ以外の自分のところを選んだのかというところはあまり重要視することはないからです。

 

 もちろん雇用条件等が一致していればそれを理由にすれば尚のこと説得力が高くなるでしょう。

 

 

参考記事

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト