転職には5つの関所が有る!

転職には5つの関所が有る!

事務での仕事で転職を希望する人はライバルも非常に多いのが頭の痛いところです。皆と同じで横並びでは転職活動に勝ち抜く事はできないと考えるのも無理は有りませんが、それでも基本の流れはきちんと踏まえた上で転職活動をスタートさせないと途中で大きな壁にぶつかってしまいます。 

 

特に今回が初めての転職という人は全体像をイメージしてから一つ一つを計画的に進めて行く事が大事です。以下に大きな流れを5つのポイントに分けてピックアップしてみましたので、貴方もこの流れを踏まえながら転職活動を成功させてください!

 

 

 

1. 転職の決断にあたって

転職は気まぐれな思い付きだけでスタートすると後悔する結果になりがちです。

 

本当に自分は転職しなければ、ならないのか?或いは転職した方が良いのか?それから、何の為に転職をしようとしているのか?を熟慮した上で、新しい職場や仕事への希望条件の優先順位を決める事が転職活動の最初の作業になります。ここで確認した自分軸を見失わない事が今後の転職活動のブレを防ぐコツとなります。

 

 

 

2. 的確な情報集めの体制作り

できるだけ多くの情報にアンテナを張るばかりが良いとは言えません。要は自分が必要としている情報を効率良く集められる体制を整えておくことが大事です。 

 

新聞や求人広告などから自分の力だけで情報を集めるのには限界も有りますし、情報の選別や管理がしにくいというデメリットがあります。その点はリクナビNEXTなどのような求人検索サイトに登録する事で問題解決をし、更には人材紹介型のリクルートエージェントなども並行して使うという2重の対策が望ましいです。

 

 

 

3. 応募書類作成は入念に

転職での応募書類では職務経歴書を作成することになりますが、事務職であればどのようなスキルがあるかだけではなく、具体的にそのスキルを応募先企業にどう活かすことができるか?などを想像しながら作成することで、自分よがりの一方的な経歴書に傾くことが防げるでしょう。

 

企業側が求めている人材にどれだけ近づくことができるかをアピールできれば、その後の面接にも繋がっていく可能性が広がります。

 

 

 

4. 面接で見られているポイントって?

社会人としてのマナーや身だしなみ・意欲やバイタリティ・資質など以外では、「正社員として雇った場合、この人物と一緒に働きたいと思うことができるかどうか?」という点も大きな判断材料になっていると聞きます。こればかりは普段からの行いや相性も影響してきますが、せめてその場の空気が暗くなるようなオーラを出さない注意が必要です。

 

あとは応募書類作成の際にじっくりと検討した自己アピールとブレの無い受け答えができるようにしておきましょう。

 

 

5. 退社と入社、大事なケジメはその後の仕事に影響する

無事に内定をもらえるなどして正社員として次の会社からの再出発が決まったとして、ここで気を緩めるのはまだまだ早計です。 

 

退職の意思表示や直属上司への相談はタイミングを誤ると思わぬ大失敗となりがちです。また、理由はどうあれ現職場の仕事の区切りや引き継ぎをきちんとして、今まで勤めた会社に出来るだけ迷惑が掛からない様な心構えや、取引先への連絡と挨拶も重要です。

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXTの口コミ評判 リクルートエージェントの口コミ評判

TOP 事務正社員への5つの流れ おすすめ求人サイト